ライフスタイル

夜勤専従で看護師もプライベートも思いっきり充実!

更新日:

看護師の夜勤専従で今より楽に! 充実のライフスタイルを実現

看護師の夜勤専従で充実の生活

1.【看護師になってこんな不安はありませんか?】

「あっ 明日は子供の運動会だった! 楽しみにしていたのに、体がついていかない・・・」

夢を持って最初はなりふり構わず働いて数年、30代を超えてライフスタイルも変わり、
ふと気が付くとこんな悩みが出てきていませんか?

「夜勤スタッフはいつも足りないため、今日は日勤、急に明日は夜勤なんて
働き方じゃ生活リズムががたがた・・・」

「趣味に没頭したいのに、今のままじゃ使えるお金も時間も少ない・・・」

「子育てしながらこの働き方はつらい・・・」

看護師の夜勤専従での悩み

そんな看護師さんにオススメの働き方が「夜勤専従」です。

今の生活に悩みを持つ看護師さんに「夜勤専従」について
次のことを軸にお話します。

・今より短時間で効率的に働きたい看護師さん
・夜勤専従ってどんな働き方?
・夜勤専従の求人はどうやって見つければいい?

2.【夜勤専従はどんな働き方なの?】

看護師の夜勤専従での疑問

一度は聞き覚えがあるかもしれませんが、夜勤専従は
ずばり名の通り『夜勤専門で働く』看護師です。

雇用形態は常勤・非常勤、パート・アルバイト・正職員は問いません。

そもそも何故、夜勤専従の働き方が求められているのでしょう。

2-1.夜勤専従なら72時間ルールの例外適用

看護師の夜勤専従は適用外

全ての働く看護師には適用される「72時間ルール」をご存じでしょうか。

これは、看護師の事故防止のために月の夜勤平均時間は
72時間までにしましょうと言う厚生労働省が定めたルールです。

守らない場合は、病院の診療報酬が少なくなってしまいます。

しかし、夜勤も日勤も同じだけの看護が必要になる病棟(救命救急センターや
集中治療系など)と夜勤専従は例外適用となりました。

夜勤専従も、導入当時は、夜勤は144時間までを上限としていたものの、
2012年の改定で撤廃になりました。

そのため、日勤の看護師の72時間ルールを守るためにも、
安定的に夜勤で働いてくれる夜勤専従の看護師の必要性が高まりました。

2-2.労働基準法には引っかからないの?

看護師の夜勤専従における質問

誰しもが聞いたことのある労働基準法は、労働者の権利を守る法律です。

1日の労働時間は8時間に設定するなども、労働基準法を根拠としています。
夜勤のみで、8時間以上働く夜勤専従はどうやって「労働者の権利」が守られているのでしょう。

看護師の場合は、労働基準法上では通常の労働とは異なる「変形労働時間制」が適用されています。

これは、看護師のように24時間体制が求められる業務に対して、
通常の労働時間となる1日8時間の労働を超えても違法にならない制度です。

例えば、ある1日の労働が16時間でも、次の日が休みであれば
平均8時間となり違法にはなりません。

基本的には、1週間単位で労働時間の調整が行われます。

また、夜勤に入る回数も、法律では定められていません。

そのため、夜勤のみで8時間以上の労働時間である
夜勤専従の働き方が認められているのです。

(参照)厚生労働省 1か月単位の変形労働時間制

なお、一定の期間ごとにその病院が労働基準法に沿っているか
「医療監査」があります。

「医療監査」は、カルテの管理や衛生面なども対象にしていますが、
抜き打ちで行われることはありません。

悪質な人員配置などが発覚すれば、病院には厳重な処罰が下されます。

(参照)2013年6月19日 医療維新 奈良の救急病院、72時間ルール違反で保険指定取消へ

2-3.夜勤の時間や回数は?

看護師の夜勤専従で働く人

夜勤専従の場合は、2交代制か3交代制を取り入れているかによって変わりますが、
多い求人内容では、17:00~9:00までなど、「16時間」程度となります。

また、夜勤専従の総時間数は「月に144時間」と言う目安があります。

(参照)公益社団法人日本看護協会

そのため、月144時間÷1回の勤務16時間=「月9回」が基本となります。

・1回の勤務は「16時間」
・月に入る回数は「9回」

労働基準法では、8時間勤務あたり1時間以上の休憩が定められているため
16時間の勤務では、2時間以上の休憩も含まれています。

月に入る回数などは、病院によっても大きく違うので、
ここはぜひチェックしておきたいポイントですね。

ここまでで、今まで全く夜勤専従について知らなかった方も、
日勤との働き方の違いが少しイメージできたでしょうか。

さらに、夜勤専従は日勤で働く看護師にはないメリットがあります。

3.【夜勤専従の看護師だと何がいいの?~夜勤専従のメリット~】

看護師の夜勤専従のメリット

3-1.気になるお給料! 同じ時間でも手当がある!

夜勤は、常勤・パートももちろん夜勤手当がつきます。

調査では、2交代制の平均夜勤手当は10,711円と出ています。

(参照)公益社団法人 日本看護協会 広報部「2015年 病院看護実態調査」結果速報

つまり、今までと同じ時間だけ働くだけでも、手当がある分ずっと高給与になります。

一般的に、夜勤1回あたりの給与は「25,000~30,000円」が多くなっています。
中には、夜勤1回につき40,000~50,000円の高額なところもあります。

常勤であれば、さらに賞与がつくため年収も高くなりますので
夜勤専従で働く日数が減っても、今よりも高い年収をねらうことは充分可能となっています。

・給与ケース例:常勤
夜勤専従・・・月9回勤務 月収36万円(夜勤手当含む)×12ヶ月+賞与3.6ヶ月分=年収561.6万円
日勤のみ・・・月20回勤務 月収28万円×12ヶ月+賞与3.6ヶ月分=436.8万円

・給与ケース例:パート
夜勤専従・・・月5回勤務 夜勤1回40,000円×5回=月収20万円
日勤のみ・・・月5回勤務 日勤1回16,000円(時給2,000円×8時間)×5回=月収9万円

看護師の夜勤専従に対する驚

夜勤で多く働いてバリバリ稼ぎたい人にとっても、
日勤の今より少なく働きたいけど収入は落としたくない人にとっても
手当のある夜勤専従の働き方はメリットがありますね。

また、病院によっては皆勤手当が付いたり、福利厚生を利用できます。

安い家賃で借りられる寮を用意している病院も多いので、
上手く利用すれば、手元に残るお金は今よりも増える可能性があります。

調べる時は賃金だけでなく、自分に合った条件を見つければさらにお得になりますね。

3-2.夜勤専従の方が生活サイクルが安定する!

看護師の夜勤専従で生活リズムを安定させる

日勤と夜勤が入り混じる交代勤務では、がんばろうと思っていても、
どうしても体のリズムがおかしくなってしまいます。

気がつけば疲れた顔になってしまっていたり、
余裕がなくて、身だしなみがだらしなくなっていることはありませんか?

日勤で働いている看護師が、夜勤をしたくない一番の理由も身体的負担ですね。

夜勤のみであれば、生活サイクルが安定するので体のリズムも整います。
子育てや介護など、家庭との両立が大変と感じている方なら、
規則正しい生活になることで、以前より生活にゆとりができるのではないでしょうか。

3-3.日中の時間が自由に使える!

夜勤専従で子育てする看護師

子育て世代には特にオススメしたい理由がこれです。

ただでさえ大変な子育てですから、仕事とのバランスを取るのはもっや定期検診にも

お仕事を休むことなく行くことができます。

子育てだけでなく、スキルアップのために日中は習い事や
勉強をしたい方にとっても、可能性が広がる働き方です。

この機会に、本当になりたい自分になるための、
有効な時間の使い方を考えてみるのもいいかもしれません。

4.【夜勤専従の看護師の注意点は?】

看護師の夜勤専従における注意点

4-1.サポート体制が整っているか

夜勤は、日勤に比べるとどうしても少人数制になり、
責任から生じるプレッシャーは重くなります。

また、日勤で働いていた看護師からの申し送り事項のみで
患者さんに対応することとなります。

まだ経験の浅い看護師では、それだけでは不安ですよね。

緊急対応のマニュアルや、慣れない内はベテラン看護師と働かせてもらえるような
サポート体制がある病院を選びましょう。

4-2.日勤中心に回る全体スケジュール

例えば、委員会や協会に関するような、全体的なことに関わるイベントや臨時業務は、
日勤スタッフのスケジュールを中心に開催されます。

例えば、委員会メンバーに選ばれてしまうと、夜勤専従の方も
昼間のミーティングに強制的に参加しなければいけないかもしれません。

研修も、日勤スタッフに合わせたトレーニング体制しかなければ
どうしても夜勤専従にはきついスケジュールになってしまいます。

臨時業務やイベントがある場合、夜勤専従は参加義務があるか、
また、義務である場合は、時間外業務として賃金は支払われるのかも確認しましょう。

4-3.やっぱりコレ! 人間関係の悩み

同じ仕事でも、人間関係が良い職場だと気分良く働けますよね。

逆に、ただでさえ長い時間を共に過ごす夜勤の同僚ですので、人間関係が良くないと
肉体的な疲れに精神的な疲れが加わって、すぐ辛くなってしまいます。

人間関係が良くない職場は、すぐに人が辞めてしまうので定着率が低くなっています。

どんな職場なのかを前もって知ることは難しいですが、
定着率の高い、優良な求人を探しましょう。

5.【どうやったら転職できるの?】

看護師が夜勤専従に転職する方法

ぜひ夜勤専従に転職したい! と言っても、

・好条件の夜勤専従の病院がすぐに見つかるか不安・・・
・面接なんて自信がない・・・
・どんな雰囲気の職場か知りたい・・・

これは、転職の不安そのものでもありますね。

加えて、夜勤専従は少人数採用が一般的なため、
好条件の病院には応募者が殺到する可能性があります。

実際、看護師で転職を考えている人の34.3%が「勤務時間・休日が希望と合わない」ため
就職できないと言われています。

(参照)厚生労働省 看護職員就業状況等実態調査結果

上に書いたような夜勤専従特有の注意点もあります。

これらの問題を解消するには、看護師専門の求人サイトを利用することが一番の早道です。

求人サイトには、非公開求人と言って、応募の殺到を避けるために
求人サイトを利用する人にしか公開していない好条件の求人も探すことができます。

求人の詳細情報も、求人サイトのコンサルタントを利用すれば
教えてくれることも多いです。

数ある求人サイトの中でも、私のオススメは、
看護師専門の求人サイト『MC-ナースネット』です。

◆MC-ナースネット

MC-ナースネットで看護師の夜勤専従
MC-ナースネットの看護師単発

看護師専門の求人サイトなので、看護師の求人が多いのはもちろんですが、
他のサイトにはない強みがあります。

5-1.コンサルタントに希望を相談できる!

看護師の夜勤専従特集

勇気を出して転職を始めても、初めて夜勤専従のお仕事を探す場合は、
今までと違って、どうしたらいいかわからないことっていっぱいありますよね。

『MC-ナースネット』なら、お仕事の紹介だけでなく、完全無料でこんなことができるんです。

・申込み
・ご希望条件や悩みのヒアリング
・お仕事のご案内(事前見学や面接の調整も含む)
・就業決定後の契約手続き
・入職後のサポート

せっかく好条件の夜勤専従の求人を見つけても、
数多の応募者の中から自分を選んでもらわなければ意味がありません。

自分一人で面接のレベルを上達させることは難しいですが、
『MC-ナースネット』は面接のアドバイスも気軽に相談できます。

面接が通ったとしても、前もって職場の雰囲気を直に知りたい人には、
事前の見学はとても重要です。

他にも、キャリアメイクや就業条件の交渉など、自分一人じゃできないことも
プロに相談しながらなら、他の応募者に負けない可能性がぐっと高くなりますよ。

5-2.色んな働き方を選べる!

看護師の夜勤専従で4万円以上

・主婦をしながら週に1回だけ、決まった曜日に夜勤専従で働きたい!
・夜勤専従で今月はいっぱい働いて、来月は旅行に行きたい!

そんな希望でも、『MC-ナースネット』なら常勤はもちろん、
単発のお仕事もカレンダーから簡単に検索できるので、目的に合った働き方がかないます。

勤務先も、総合病院・一般病院・クリニック・介護施設や訪問介護など、
今までの経験を活かした夜勤専従のお仕事を探すことが可能です。

また、新しい職場を体験することで、今まで気がつかなった自分のスキルをみがいたり、
理想のワークスタイルの参考になることがたくさんありますよ。

『MC-ナースネット』で夜勤専従の「常勤」を検索すると、469件も出てきます!
「バイト・単発・スポット 」なら、なんと927件も出てきます!(2016年11月時点)

こんなに検索結果が多いなら、夜勤専従でも自分が希望する働き方を妥協しないで探すことができますね。

5-3.見やすいサイトで夜勤専従の求人が簡単に探せる!

求人サイトで夜勤専従の求人を探したいのに、どうすれば検索できるか分かりづらく
結局見るのを途中でやめてしまったことはありませんか?

『MC-ナースネット』なら、夜勤専従と雇用形態にチェックを入れるだけで
夜勤専従の常勤・非常勤・派遣/単発・スポットなどシンプルで簡単に検索できます。

登録も1分以内と短いので、今すぐの転職でなくとも登録しておいてソンはないですよ。

6.【まとめ~夜勤専従になって良かった!~】

まとめると、夜勤専従で今より楽な生活になるポイントは次の通りです。

・短い時間でも高収入
・生活サイクルを自分の目的のため有効に使える
・親切な求人サイトで好条件の病院へ転職活動を行う
看護師さんで現在の働き方で悩みがあるなら、
夜勤専従になることで解決できることもたくさんありますよ。
自分のためにも家庭のためにも、夜勤専従のお仕事で素敵な未来を目指しましょう。

【夜勤専従の常勤もパートも、探すなら『MC-ナースネット』がおすすめ!】

夜勤専従の非公開求人も雇用形態別にいっぱいあるので、まずはどんな求人が載っているかチェックしてみませんか?

看護師が夜勤専従で登録する

-ライフスタイル

Copyright© Natural Step , 2018 AllRights Reserved.